Sitemap English
シンプルな杉ボックスの家
外観
リビング・キッチン
リビング
リビング
リビング
階段室
二階テラス
北側ファサード
シンプルな杉ボックスの家 外観 リビング・キッチン リビング リビング リビング 階段室 二階テラス 北側ファサード

☆ シンプルな杉ボックスの家|森町の家

[CATEGORY] 狭小住宅 

☆ 森町の家|シンプルな杉ボックスの家

 

外壁の杉材は、日本の森を再生すると、いわれているケボニー材を使った、箕面の森での家づくりです。この家の大きな特徴の、ケボニー化とは森を再生すると言われる画期的な木材再生の技術です。

 

もうひとつの特徴は、遮熱材のリイフレクティクスを使ったことです。また断熱材でない遮熱材を使ったことで、省エネへの画期的な方法も取り入れてみました。

 

「針葉樹材が広葉樹材に化ける!これは林業イノベーションだ」という記事に興味を感じ、ノルウェーのケボニー社が、針葉樹材(ラジアータパインやオウシュウアカマツ)を、硬くて磨耗や腐朽に強い広葉樹材のようなハードウッドに変える技術を開発したもので、これをケボニー化と呼びます。

 

ケボニー化処理とは、天然性物質由来のフルフリルアルコールを木材に含浸させて木質内部でフラン樹脂を生成させるもので、おかげで重く強く硬くなります。すでにケボニー化材はヨーロッパでデッキやビルの外装・内装、家具やカトラリーまで広く使われ始めているそうです。

 

日本ではまだこれからですが、普及することで価格も安くなり、スギ材が多くある、森の再生につながればいいですね。



間取り

間取り

間取り

建築概要

所 在 大阪府箕面市
構 造 鉄骨 木造二階建
設 計 期 間 2018.06~2019.09
施 工 期 間 2019.10~2020.05
敷 地 面 積 164.30坪
建 築 面 積 68.32m2
延 床 面 積 197.45m2
地域・地区 第三種高度地区、地区計画、法22条地域
      宅地造成工事規制区域、砂防法指定区域

外部仕上げ
壁1 :杉板貼り、木材防護劑塗
屋根 :ガルバリウム鋼板たてはぜ葺き

内部仕上げ
床 :ボルドーパイン・フローリング
壁 :コバウ+フェザーフィール
天井1:ケナフ壁紙
天井2:構造用合板、自然塗料拭き取り 

トップへ戻る