Sitemap English
設計監理業務,工事監理とはどのよう内容ですか?
メニューの「設計の流れ...」をご覧下さい.
建築家や設計事務所に設計・監理を依頼するメリットは?
中庭のある家や,狭小変形地のような特殊な用地,建設予算のきびしい時,個性的な間取りなどを求める時などに,住宅メーカーの設計案では満足のいかないケースが出てきます.そのような場合にも建築事務所では,ケースごとのきめ細かな対応が期待できると思います.建築家は必ずしも豪邸や風変わりで凝ったデザインの建築だけを設計している訳ではないのです.
特に私達の場合,家づくりはモノだけをづくるのではないく,空気感や気配を感じられる家づくりを重要視としています.
暮らしを持続的に育む為の住まいの器が,単に姿,形だけの建築にしない為にも,ライフステージデザイン提案の出来る建築家と共同して下さい.
 
建築家や設計事務所に設計・監理を依頼するデメリットは?
建築家に設計を依頼する場合,きめ細かく対応していく分だけ住宅メーカーに比較して打ち合わせの回数が多く,設計から完成までの期間が長くなる事が殆どです.また,建築家や設計事務所との相性もあります.完成後も末永くおつきあいする事になりますので,それを煩雑と思われる方は,住宅メーカーへの依頼の方にメリットがあるでしょう.
地方からの依頼は受けてくれますか?
遠距離であっても全く問題ありません。よろこんで承ります。
しかし出張の際に発生する交通費・宿泊費などは別途頂くことをご了承下さい。
土地探しから相談出来ますか?
既に建設用地が決まっているケース以外でも、建築家は用地の形や条件からそれに見合った建築のアイディアが浮かぶ場合も多くあります。
不動産取引上の条件が悪い場合にも対応が可能ですので、用地探しからアドバイスを受ける事をお勧めします。
また、用地条件に付きましては、極力現地拝見させていただいております。
建築の際の基本的な坪単価は?
私達の場合、木造で坪60万円~、鉄骨造で坪70万~、RC造で坪80~、程度を目安としております。
一方では、木造軸組構法の合理的ローコスト化を実現すべく、設計の創意工夫を図っております。
(1000万円代の家づくりにも積極的に取り組んでいます。)
設計監理料はどのくらい?
例えば、新築の戸建住宅の場合はおよそ総工費の約10~12%で、設計監理料率表に基づき諸条件協議の上決定しております。
リフォームの場合はおよそ総工費の約15%です。
構造設計を要する場合は約 +1%程度、加算と考えてください。
設計監理料はいつ発生しますか?
「設計業務委託契約の時」、「基本設計完了の時」、「実施設計図書作成が完了した時」、「工事中間の時」、「工事完了引き渡しの時」の順に、30/20/20/15/15%の割合でいただいております。
はじめて相談に行く時の心がまえ、用意するといいものは?
弁護士事務所ではありませんので、気軽にお声掛けいただきながら、お立ち寄り下さい。
ただし、あくまで御自身の家づくりであるがゆえの夢だけは多いに語って下さい。
敷地図や周辺環境写真等を御持参いただけるとありがたいです。

トップへ戻る