Sitemap English

サステナブル仮設建築展示会|フィリピンのセブ島 14.07.01

サステナブル仮設建築展示会|フィリピンのセブ島

箱崎町の番屋 エコバーチ・シェルター
EKO BIRCH SHELTER , Kamaishi-shi, Iwate

このプロジェクトは,2014年7月から11月までフィリピンのセブ島の4つの博物館で,
東日本大震災の21名の建築家が作った仮設建築を展示予定です.
この,21の作品の中に箱崎町の番屋 エコバーチ・シェルターが選出されました.

昨年の10月フィリピンのボホール沖大地震により,6千人以上の人々が亡くなり,
多くの教会や7万棟以上の住宅が被害をうけました.
11月には巨大台風では,多くの町が壊滅状態で,被害状況も把握できない状態だそうです.

その,被害をうけた教会や住宅の改修作業を行うため,
滋賀県立大学から救助活動のプログラムなどに応募をし,
JAPAN FOUNDATIONの海外展助成で,
“日本の防災のサステナブル仮設建築展示会” のプロジェクトで出展する事になりました.
 (2014/7/1)

トップへ戻る