Sitemap English

L字型の大開口で中庭と一体化する家|津雲台の家・プロジェクト 08.04.28

 L字型の大開口で中庭と一体化する家
中庭に面して,L字型に大きく開かれ内と外とが一体になるリビング. 手前に水盤がある.
吹田市の津雲台に於いて,約70坪の敷地に中庭のある家のプロジェクトです.
敷地は道路より約3mほど上がった場所にあり,この地階がガレージとエントランスとなります.
その地階のエントランスから階段を上がると,中庭に面した開放的なローカに出ます.
L字型に配置した木造の二階建ての家で,一階にリビング・ダイニングがあり, 建物の配置と同じく,L字型の大きな木製の建具で,全面的に開放が出来ます.
中庭の仕上げは全面大きな砂利石の洗い出しですが,その一角に約5cm程下がったスペースが水盤となります.
このL字に開放出来る部屋は和室の前までつづき, 中庭に面した各諸室は,ローカを介してオープンになることがこの家の大きな特徴です.(2008/4/28)
和室から見る中庭
和室から見る中庭.開放的になった廊下を通して,庭と繋がった魅力的なオープンスペース.

 
二階から見る開放的な庭の全景
二階から見る開放的な庭の全景.雨水利用の魅力的な水盤がある.

 
リビングから見る開放的な中庭
リビングから見る開放的な中庭.道路側の木製の扉は,開閉可能で風の調整ができます.

トップへ戻る