Sitemap English
諏訪の家
水盤
諏訪湖を背景にした外観
エントランスの中庭デッキ
リビング
外観
諏訪湖を一望できる中庭デッキ
サイドから見た外観
空中庭園のデッキ
諏訪の家 水盤 諏訪湖を背景にした外観 エントランスの中庭デッキ リビング 外観 諏訪湖を一望できる中庭デッキ サイドから見た外観 空中庭園のデッキ

諏訪湖畔のアトリエ|諏訪の家

[CATEGORY] 中庭のある家 リゾート・週末住宅 


諏訪湖畔のアトリエ|諏訪の家

◾️景勝地にもかかわらず長らく放置されていた場所
諏訪湖畔が一望できる高台にある絶妙のロケーションですが、敷地が道路より約四メートルほど下がっているのでアプローチが困難で、この土地は長らく放置されていました。
そこで、道路から木造の家の屋上に直接ブリッジで橋渡しをして容易にアプローチすることで、諏訪湖畔が一望できる空中庭園でもある展望台のような魅力的なエントランスが生まれました。

◾️木造の屋上に橋渡しのブリッジを設ける
ブリッジは鉄骨造で、四本柱の門型の構造体ですが、道路面へは角パイプの下地だけのキャンチレバーの羽根出しの構造。道路とは僅か隙間を設けて接していません。
車の荷重で道路面に接し、既存の道路面の擁壁に建物の荷重が負担のないようにしました。そのブリッジの表面の仕上げは、地元のスギで作ったデッキ材を使用。

◾️諏訪湖畔の斜面地でのモデル化
開放感と、爽やかな風が通り抜ける家、外観はシンプルなデザインとのご要望で、地元の杉板の外壁のボックスのようなシンプルなデザインと、ブリッジのある特徴的な建物としました。
諏訪湖畔は同じような侵入が困難な傾斜地が多くあるので、この建物の作り方がひとつのモデルとなるのではと考えてます。

◾️地方でSOHOとしての活動拠点
この家を建てるきっかけは、東京都内から、地元の諏訪に戻って仕事を続け、SOHOとして可能な活動拠点作りで、土地探しから相談の依頼がありました。
建物の構造は木造の三階建てで、屋上にはデッキと水盤とゲストルームを配置し、階下の二階が個室、一階がリビング・ダイニングです。施主はグフィックデザイナーで、アトリエを兼ねた諏訪湖畔の家です。

夏にはこの空中庭園から、諏訪湖の花火大会が正面に眺めることができます。

.

間取り
エントランスの屋上庭園と水盤
エントランスである、空中庭園にはデッキと水盤のある中庭となっています。
屋上庭園は水盤がある中庭となります
魅力的な白い壁は、水盤に映り込みます。
遠方に諏訪湖が一望できる、エントランスを兼ねた中庭と水盤のある屋上庭園です。
爽やかな風が通り抜け、諏訪湖に向かって大きく開かれたアトリエのある家です。
爽やかな風が通り抜け、諏訪湖に向かって大きく開かれたアトリエのある家です。
南側の大きな杉板の壁面。
ブリッジを渡ると、エントランスを兼ねた屋上庭園
東側道路からブリッジを渡ると、エントランスを兼ねた屋上庭園となります。
夕暮れどきには、空気感や気配も水面に映り込む、水盤とゲストルームのある屋上庭園です。
1階のアトリエ兼用の広いワンルームのリビング・ダイニングです。
1階のアトリエ兼用の広いワンルームのリビング・ダイニングです。
リビングから見る諏訪湖
リビング・ダイニングから見る、諏訪湖の風景です。
木製のガラス扉
木製のガラス扉を開ければ、空気感がつながります。
アトリエともなるリビング
アトリエともなるリビングで、SOHOともなります。
 
リビング・ダイニングから諏訪湖畔に沈む夕日が眺め

リビング・ダイニングから諏訪湖畔に沈む夕日が眺めれます。

ブリッジを渡るとエントランスを兼ねた屋上庭園
東側道路からブリッジを渡ると、エントランスを兼ねた屋上庭園となります。

静かな湖畔の森の影から〜〜♪♫♬


静かな湖畔の森の影から〜〜♪♫♬
カッコウやフクロウの鳴き声が聞こえてきそうです。
夕日に染まるサイドビュー
夕日に染まるサイドビュー
湖面は西向きなので、夕日がとても綺麗です。
月が沈むときに二つ見れるでしょうか。
デッキのある屋上庭園の模型
ブリッジを渡るとデッキのある屋上庭園です。
空から見る諏訪湖畔
魅力的な空から見る諏訪湖畔です。 
空撮をしてみましたら、振り向けば『君の名は。』の舞台となった、 
湖全体を見渡せる立石公園でした。

 諏訪湖畔のアトリエ、工事中の風景。


家づくりがようやく本格的な工事が進み建て方の時の風景です。
エントランスを兼ねた屋上庭園からは諏訪湖が一望できます。

工事は秋から着々と進んできましたが、何と冬場に工事がかかってしまいましたが、
この場所は日当たりが良い場所なので、問題なく工事が進めれました。

夏には開放的にもなるようなフレキシブルな家づくりです。
そして、その夏には正面に雄大な花火大会が見える期待をしながらの工事風景でした。

.
諏訪の家がようやく上棟です!
諏訪の家の工事中
湖畔が見渡せるので気持ちいい現場です。
寒くなってきましたが、ここは日当りがいいのでぽかぽか陽気です。

本格的な冬が到来する前にと、急ピッチで着々と進めています。
20171211
諏訪湖畔の家、現場はすばらしい快晴!
着々と進む諏訪の家
諏訪湖畔も冷えますが雪はなくいいお天気の毎日でしたが、
何と、5年ぶりの『御神渡り』も期待通りに出現してくれました。

作品づくりには、このような寒い現場にも通いつめて完成度を高めていきます。
そして魅力的なものにするには、細部のチェックも重要な仕事のうちです。
机上のデスクワークだけでは出来ないもので、
魅力的な家づくりって根気のいる作業の連続です。
20180113

『御神渡り』
年々少なくなってきましたが、
何と、工事中の冬場に出現しました!

 
計画段階の冬の1月頃、諏訪湖を訪れたのがこの冬最も寒い寒波到来でしたので、
湖面は全面結氷し少し『御神渡り』を期待しましたが、
残念にもあと一歩届かずでした。

ただ工事中の冬場に、何と偶然にも5年ぶりに出現しました!

.
諏訪湖畔を全貌できる丘の上からの美しい風景です。
諏訪湖畔を全貌できる丘の上からの美しい風景です。
この丘は、かの有名なアニメのメッカの高台です。
『君の名は。』の舞台となった、湖全体を見渡せる立石公園からの眺めです。
 
諏訪湖の流氷です
諏訪湖の流氷です。
風向きによって表面の氷が岸に押し寄せてきて、まるで流氷のようでした。
湖面は全面結氷し4年ぶりの『御神渡り』を期待したいですね〜!
湖面は全面結氷し5年ぶりの『御神渡り』が期待できそうな魅力的な湖面の氷結でした。
全体が盛り上がってきそうな、きしみ音も聞こえ始めてきました!
 

間取り

諏訪の家|間取り

建築概要

所 在 長野県諏訪市大和
構 造 鉄骨三階建+鉄骨造ブリッジ
設 計 期 間 2017.01~2017.08
施 工 期 間 2017.09~2018.05
敷 地 面 積 109.82坪
建 築 面 積 59.62m2
延 床 面 積 111.79m2
地域・地区 第1種中高層住居専用地域・法22条地域
※ブリッジは建築面積、延床面積から除外(23.19m2)

外部仕上げ
壁1 :杉板貼り、木材防護劑塗
壁2 :ジョリパット・木ゴテ押え
屋根 :ガルバリウム鋼板たてはぜ葺き

内部仕上げ
床 :ボルドーパイン・フローリング
壁 :コバウ+フェザーフィール
天井1:ケナフ壁紙
天井2:構造用合板、自然塗料拭き取り 

トップへ戻る