Sitemap English
大野台の家

前庭より白い壁を見る.中庭の水盤に建物が映り込みます.時として水盤ともなる.
さらに街路に面した引き扉の開閉によって,この境界を自由に調整できて空間の変化が楽しめます.

前庭と一段上がった中庭
路際に設けられた大きな門扉
中庭の南側アプローチ
家と貸スペース部分
中庭
広間
広間
ちょっとした小劇場として使用できる
大野台の家 前庭と一段上がった中庭 路際に設けられた大きな門扉 中庭の南側アプローチ 家と貸スペース部分 中庭 広間 広間 ちょっとした小劇場として使用できる

開かれたプライベートな水盤と中庭のある家|大野台の家

[CATEGORY] 中庭のある家 プロジェクト 

街に開かれたプライベートな水盤と中庭のある家


一つはプライベートな家としての広間,もう一つは趣味の音楽室として,また演劇,音楽,英会話学校などのカルチャースペースやイベントギャラリー等としても使用可能な広間.
二つの性格の異なる広間を分けているのが,白い壁の背壁である.背壁とは家にとってもっとも大事な,いわば大黒壁のようなイメージ.

二つの広間が面する中庭は,一部分は駐車スペースともなり、ある時は水盤として様変わりする仕掛けとなっている.

中庭は大きな引き込み扉によって開かれたり閉じられたり,空間の変化が楽しめる間取りである.

間取り
道路際に設けられた大きな門扉
道路際に設けられた大きな門扉を開閉することで,時には前庭の性格からプライベートな落ち付いた中庭へと,大きく性格を変えることもできる.
前庭と一段上がった中庭
前庭と一段上がった中庭で,前面道路から趣味室へのアプローチに様々な演出方法の可能性が考えられる.
中庭の南側アプローチ
中庭の南側アプローチ.白い壁の向こうはプライベートなスペース.
中庭
中庭.
広間2の中まで入り込んでいる白い壁の背壁.
プライベートとパブリックを分け隔てる中庭
家と貸スペース部分のつながりを調節するための,縁側的な性格を持ったギャラリースペース.プライベートとパブリックを分け隔てる中庭側のが白い壁の背壁.
全ての個室がここに開いている
広間1.
全ての個室がここに開いている.常にお互いの気配がつたわる.
中庭から続いている白い壁
広間2.
中庭から続いている白い壁は多目的スペースである広間2の背景となる.
ちょっとした小劇場
ちょっとした小劇場として使用できるように,部屋の途中に数段の段差を設け客席と舞台の関係ができる.

間取り

建築概要

プライベートな水盤と中庭のある家|建築概要

所   在 大阪狭山市大野台
家 族 構 成 夫婦2人
構   造 木造2階建 一部RC壁式構造
計 画 時 期 2003
敷 地 面 積 90坪
建 築 面 積 137.46 m2
延 床 面 積 211.16 m2
各階床面積 地階 29.81 m2 1階 125.04 m2 2階 56.31 m2

外部仕上げ 屋根/耐火野地板下地
アスファルト防水保護モルタル金ゴテ押え
一部ガルバリウム鋼鈑
外壁(中庭)/ラスモルタル下地 土、スサ入り白セメント木ゴテ
土間/砂利洗い出し 土、スサ入り白セメント

内部仕上げ 広間1・洋室・ゲストルーム・寝室/
床:赤松(古材)雇い実張り リボスオイル
壁・天井:ラス下地
土、スサ入りプラスター木ゴテ押え
広間2/床:赤松(古材)雇い実張り リボスオイル
壁:ラスボード下地 土、スサ入りプラスター木ゴテ
天井:杉板 梁露し
家具:レッドウッド(古材) リボスオイル

トップへ戻る