Sitemap English

街路、中庭、水盤、光、風、ゆらぎ。


イタリア・ヴェネツィアの街を歩くと、集落の中に細く長い石造りの街路が続き、その先に広場がひろがる美しい風景に出会います。その美しさの源を探ると陰と光の対比、狭さと広さの対比、そしてその交錯を楽しむように人々が行き交い、集う時間と空間の交錯が生活の中にあることだと気づきます。

中庭のある家はまさに、その交錯を表現します。

ひとつの住宅の中に、街路としての通路、広場としての中庭をもうけ、時には水盤でゆらぎを添えると、光風、時間、四季を自然に感じることのできる豊かな生活の場がうまれます。

内部と街路(外部の空間)は開閉式の扉や格子戸などでフレキシブルなつながりをもたせ、プライバシーを守り、同時に生活に変化を与える要素として活かしています。
 
長居西の帰れない家

帰れない家

大改造!! 劇的ビフォーアフター

築82年の長屋の2軒分をリフォーム。中庭と坪庭がある風と光が通り抜ける家へ。before の写真、after の模型写真、その“間取り”や設計プロセスなどを紹介。床下に埋もれていた防空壕、泉水、お釜、お櫃、石臼、思い出深い家具が続々と...
大改造!! 劇的ビフォーアフター|帰れない家の撮影風景 長居西の家のその撮影風景と“風と光の造形師”の匠の紹介。2003/08/17 放送。

トップへ戻る